気になる部分痩せに効く!?「脂肪溶解注射」危険性や効果について調べてみました

ダイエットだけでは消えない下半身の脂肪

常日頃、ダイエットのことは考えながら

生活していますが、アラサーとなると基礎代謝も落ち

特に下半身(お尻・太もも)に脂肪がつき

スキニーパンツなどを自信をもって履けなくなりました。

しかしジムに通うのは面倒だし、食事制限だけでは脂肪は減らない。

そんな時に気になる記事を見つけました。

気になる部分を脂肪溶解注射で解消

「脂肪溶解注射」とは、部分痩せしたい部位の脂肪を溶かすことで脂肪をなくす

メスを使わない痩身施術です。

特に痩せづらいお腹や太ももや、セルライトの解消などに効果があるそうです。

今までは脂肪をなくすとなると「脂肪吸引」をしなくてはならず、

体にメスを入れることに抵抗を感じていましたが、この脂肪溶解注射であれば

比較的手軽に受けることができ、気になりました。

気になる脂肪溶解注射の内容

脂肪溶解注射の成分とは

大豆に含まれるタンパク質などを使用しており、脂肪細胞を液体化する作用があります。

液体状になった脂肪分は、血液を通って最終的には尿として排出されます。

そのため、液体化した脂肪が体内に残ることはないので、

半永久的な部分痩せが可能です。

施術を受けられる場所

ネットで調べてみると、全国の美容外科で行っている施術になります。

ただ安い価格のクリニックの場合には、

施術後の痛みがひどかった、皮膚が凹凸になってしまったなどの

症例も出ているようで、事前にカウンセリングを受けるなど

クリニック選びは慎重に行うことが重要かと思います。

施術の時間はどのくらい?痛みはあるの?

1回にかかる施術時間は、おおよそ10分から15分程度と短時間ですむそうです。

施術後の痛みは、施術中から長いと施術後2週間程度は筋肉痛に近いような

痛みを感じるそうです。

しかし日常生活には影響は出ない程度だそうです。

誰でも効果が表れるわけではない

脂肪吸引と違い、脂肪が分解されるまでにおおよそ1~2カ月はかかるそうです。

また使用する注射の濃度により、全く効果が表れなかったという方も

いらっしゃるそうです。

また大豆に含まれる成分を使用しているため、

大豆アレルギーの方の場合、副作用が出現する可能性もあります。

事前にパッチテストを受けて、アレルギーの有無を確認することが

重要だと思います。

気になる施術料金

クリニックにより、値段は違うようですが

手のひらサイズの場合、30000円前後というクリニックが多いようです。

ただ様々なクリニックのHPを調べてみると、

キャンペーンなどで、10000円程度で施術できるクリニックもあります。

しかし先ほど書いた通り、値段だけでクリニックを決めるのは危険なので

よく検討しなくてはならないと思います。

脂肪溶解注射の口コミ

様々なネットの書き込みを読みましたが、

「そんな1回や2回では、脂肪はとれない。」というのが

現状かもしれません。

実際、カウンセリングを受けた方の話しだと

手のひらサイズの脂肪を落とすのに最低でも5回の注射が必要

いわれたようです。

施術したい部位にもよりますが、広範囲になると

何十万単位の出費なる可能性もあるということです。

私自身も、最初は「受けてみたい。」と思いましたが

効果を実感するためには、かなりの額をつぎ込まなくてはならず

再就職して、お金に余裕ができないと手が出せないと感じました。

 

 

 

コメントを残す