強い還元力をもつ茶麹乳酸菌サプリ!その本当の効果や口コミ・値段などまとめました

30代はお肌の曲がり角!?

前回は30代になった頃より、中性脂肪が上がるなど

体の変化を感じていました。

そんな中、お肌の変化も感じるようになってきました。

20代中盤に、ニキビなどの肌トラブルが続出し

その時は基礎化粧品を変えることで対応できました。

しかし30代になり、今度はシミや肌のくすみが強くなり

基礎化粧品を変えましたが、効果は全くなし。

そこでネットで様々なサプリを探したところ

1つのサプリを発見しました。

茶麹乳酸菌って何なの?

私たちの体はエネルギーを得る中で、自然と酸化していきます。

これが老化といわれる現象です。

老化を防ぐためには、酸化されていく体を元に戻す

還元作用の強い物を摂取する必要があります。

その効果に長けているのが、茶麹乳酸菌なんです。

茶麹乳酸菌の原料

緑茶×黒麹

皆さんもご存じのとおり、緑茶には様々な有用性があると

いわれています。

ただ茶殻を直接、食べてしまうと胃に穴が空いてしまうなど

強い作用も持ち合わせています。

そこで、様々な研究を行い黒麹(河内菌)を掛け合わせることで

緑茶の刺激性がなくなり、飲むのではなく食べることが可能となりました。

それにより、ニンニクの800倍の還元力を発揮できるようになりました。

また麹も緑茶と掛け合わせることで、

通常の麹の3倍の酵素力を持つようになりました。

乳酸菌

緑茶×黒麹に、乳酸菌も掛け合わせることで、

お互いに相乗効果を生み、大きな効果を期待できるようになりました。

茶麹乳酸菌の効果って?

具体的な効果としては、

・美肌効果、健康の維持(酸化の防止)

・中性脂肪減少

・便秘改善効果  などが挙げられます。

酸化防止効果だけでなく、中性脂肪の減少や便秘改善などの効果も

期待できるとなると、女性にピッタリのサプリといえるかもしれません。

また健康の維持のために、ご高齢の方が服用されている場合もあるようです。

実際の効果は?口コミのまとめ

良い口コミ

特に多いのは便秘の解消でした。早い方だと1週間程度で

便秘が解消されたという口コミもありました。

あとは健康で毎日暮らしているという口コミも発見しました。

良くない口コミ

やはり多いのは効果をイマイチ実感できないというものでした。

どんなサプリメントにもいえますが、効果が発現するまでの期間や効果の大きさは

人それぞれなので、実際のところは試してみて自分に合うか

試してみるしかないのかもしれません。

気になる値段

お試しサイズや、返品などはできませんが

定期購入にすると初回1ヶ月分は2,480円と半額で購入可能です。

2回目以降も4,600円と10%OFFの価格で購入し続けられます。

すぐに手にとれる値段ではありませんが、

様々な効果を考えると、自分に合えば様々なサプリを飲むより

コスパがいいかもしれません。

私も思い切って購入しようか現在、考え中です。

茶麹乳酸菌HP

 

 

悪玉コレステロールを下げるキトサン配合の大麦麦若葉青汁<キトサン>気になる効果と口コミについてまとめました

30代に入り健康が気になる今日この頃

22歳から看護師を始め、不規則勤務で好きな時に好きな物を食べていました。
しかし、アラサー世代に突入したあたりから体にも不調が。
健康診断で悪玉コレステロールの値が高い時があり、自分の健康を真剣に考え始めました。

簡単にコレステロールを下げられる商品はないか・・・
そこで大正製薬の青汁を発見しました。

大麦若葉青汁キトサンとは?

最近、ネットやテレフォンショッピングでも、よく見かける青汁。
苦くてまずいと言うのは、一昔前の話で今は、美味しくて飲みやすい青汁も販売されています。

数多くある青汁。
その中でもトクホ商品。
しかも、コレステロールを低下させる効果があるキトサンを含んだ青汁にを発見したのです。

それが大正製薬の大麦若葉青汁<キトサン>でした。
販売元が大正製薬と大手製薬会社なので、安心安全の品質ですよね。

大麦若葉青汁キトサンの原材料

大麦若葉青汁キトサンの商品名にもなっているのが、キトサン。
キトサンについて、少し詳しく調べてみました。

キトサンってなに?

カニ、エビの甲羅や殻の主成分キチンから抽出される動物性食物繊維になります。

脂肪分や塩分をブロックする働きがあり、

食生活が大きく影響を与えるドロドロトラブルや健康値の乱れにもよいとされ、

結果的に血中コレステロール値が低下していきます。

そのため健康やダイエットには関心があるけど、

脂っこい物が大好きという人に最適といえます。

大麦若葉青汁<キトサン>のHPを見ると

悪玉コレステロールの値が4週間で低下した方のデータもありました。

大麦若葉青汁の効果は?

キトサンだけじゃない、青汁の効果も絶大

もちろんキトサンだけでなく、青汁の成分も栄養価抜群で

農薬不使用の大麦若葉をベースとした青汁で↓

・脂肪の分解促進や疲労回復に効果のあるビタミンB2はアスパラガスの9倍

・動脈硬化や悪性貧血予防のある葉酸は小松菜の6.5倍

・貧血予防や疲労回復に効果のある鉄分はほうれん草の8.8倍

普段の生活では摂取することができない栄養素が満載です。

大麦若葉青汁の価格

値段も安く試してみたい

これだけの効果がありながら、現在キャンペーン中で

30日分3800円が1000円に値下げされれているんです。

定期購入の場合には、2回目以降も10%OFFで購入も可能なので

試してみてもいいかなと感じています。

大麦若葉青汁の口コミ

気になる口コミ

青汁というとまずは味ですが、野菜の青臭さがなく

飲みやすいという口コミが多く、安心しました。

あとは、冷たい飲み物にも簡単に溶けるようで、

中にはミルクと割って、抹茶ミルクのようにして

飲んでいる方もいらっしゃるそうです。

あとは、便秘解消が解消されたというコメントも多数発見しました。

青汁ランキングでは、上位にランクインしていませんが

キトサンが配合された青汁は、この商品だけですし

やはり製薬会社である大正製薬の商品であることや

トクホ商品であることは、大きな安心材料といえると思います。

お小遣い程度の値段で、気軽に始めることができるので

現在、本気で購入しようか悩んでいます↓

大麦若葉青汁<キトサン>HP

ハギシランは本当に効果があるの?サプリの成分や効果が期待できる人はどんな人なのかまとめました

まさかの歯ぎしりが発覚!

結婚して数年が経過しますが、もともと看護師だったので夜勤もあり、旦那さんとすれ違う生活を続けていていました。
それが退職し、毎日同じ時間に寝るようになったところ
旦那さんから歯ぎしりを指摘されました。

もちろん自分では、全く自覚がなかったので驚きました。
そこで歯ぎしりについて調べていく中で、気になる商品ハギシランを発見しました。

歯ぎしりを根本的に治すハギシラン

歯ぎしりの主な原因はストレスにあるそうです。
ストレスが蓄積すると、夜間に歯を食いしばってしまい歯ぎしりにつがなるようです。
このハギシランと言うサプリメントには、ストレスに効く3つの成分が含まれています。

ハギシラン成分

ギャバ

ギャバはアミノ酸の1種であり、日常生活を穏やかに過ごすのに、大切な成分になります。

セントジョーンズワート

ドイツでは、有名なメンタルバランスを整えてくれる成分になります。

ラフマ

中国で主に飲まれているお茶で、ギャバとの相性が良く、こちらもメンタル面を整える成分も含まれているそうです。

 

その他配合されている特徴的な成分

ハギシランには、他にも亜鉛・カルシウム・ビタミンB1・ビタミンB6・コンドロイチンも含まれています。

ストレスが原因と考えられる方にはピッタリの商品といえます。

ストレス以外の歯ぎしりの原因

  • かみ合わせの悪さ
  • アルコールの多量摂取
  • 過剰な喫煙
  • 逆流性食道炎

 

などもあります。

ストレス以外が原因の対処方法

かみ合わせの悪い方は歯の治療、アルコールや喫煙が原因の方は生活習慣の改善

逆流性食道炎の方は、そちらの治療をすることが重要といえます。

ハギシランが効果的な人とは?

以上のことから考えるとハギシランの効果が期待できる方は・・・

歯ぎしりの原因がストレスと考えられる方にピッタリの商品かもしれません。

なので、まずは自分の歯ぎしりの原因が何なのか考えることが重要といえます。

私の歯ぎしりの原因はストレス

私も自分の歯ぎしりの原因について考えてみました。

やはりストレスが原因と考えられるので

根本的に治すのなら、ハギシランが合うのではないかと思っています。

ハギシランの値段

ハギシランの値段は、2017年3月現在、公式サイトのHPをみると初回購入は2,980円(1ヶ月分)半額以下です!

この値段なら、もし効果がなかったとしても諦めのつく値段かなとも思いつつ

旦那さんに相談しなくてはならないので・・・

機会をうかがっています

歯ぎしりによる影響

歯ぎしりというと周りの家族に迷惑をかけてしまいますが、私の場合、周りが眠れない程ではないようです。

その程度であれば、「何もしなくていいのかな?」とも思いましたが自分にも大きな影響があることを知りました。

歯ぎしりを続けることで、歯に負担が生じて知覚過敏が生じたり肩こり頭痛が出ることがあるようです。

そして何より気になったのがえらが張ってしまうということでした。
引用元:デンタルヘルス通信

様々な影響を考えると、たかが歯ぎしりと思わず

思い切ってハギシランを使ってみようかと考えています。